Connect with Stephen

All Content and Images Copyright, 2016

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • LinkedIn Social Icon
RSS Feed

Steve Jobs: "Follow your Heart" (自分の心に従え)

August 29, 2016

 

“Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything, all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure, these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking that you have something to lose. You are already naked; there is no reason to not follow your heart.”

 

Steve Jobs gave this message in one of the most popular commencement speeches in Stanford University history in 2005, six years before his untimely death. He tells the story of how his confrontation with terminal cancer taught him to find authenticity by listening to an inner voice:

 

"Your time is limited so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma which is living with the results of other people's thinking. Don’t let the noise of others' opinions drown out your own inner voice."

 

ジョブズがこう語ったスピーチは、スタンフォード大学学位授与式の歴史においてもっとも評判となったスピーチのひとつとなった。二〇〇五年のことだったが、以来、数千万もの人によってオンラインで視聴されている。

「皆さんの時間はかぎられているのだから、他の誰かの人生を生きるなどして時間をムダにしてはいけません。それは他の人たちの判断の結果と共に生きることだからです。他人の意見の雑音にあなたの内なる声を消させてはいけません」

 

「自分はもうすぐ死ぬかもしれないと心にとどめることは、これまで僕が大きな決断を下す際の助けとして使ってきたツールのなかで、もっとも重要なものです。なぜならほぼすべてのこと、外部の期待、プライド、失敗や恥の恐れなどは、死を前にした時にはすべて消え失せるからです。あとに残るのは本当に大事なことだけです。いずれ自分は死ぬということを覚えておくのは、失うかもしれないものが自分にあると考える落とし穴を避けるのに、私が知る最良の方法です。皆さんはすでに裸なのです。自分の心に従わない理由などないのです」

 

                               スタンフォード大学マインドフルネス教室から

Please reload

Recent Posts
Please reload