top of page
Search
  • smshige3

もっと愛せるようになるYou learn to love more


A foundation of my work is the transformative power of experiencing vulnerability. It's simply openness and willingness to be affected by what you are encountering--you don't have to spill your guts and expose all your mistakes, faults, and failures. To me vulnerability is sharing what I'm learning from living.


Sometimes our memories are awakened unexpectedly, as when I was reminded of what it's like to lose a loved pet while watching the Japanese film "Haw". The young man whose dog disappeared some time ago is with a girl whose cat has just died. She wants to know when the pain will stop. But he tells her, "Grief doesn't disappear; you just learn to put it away sometimes." Hearing this, the girl cries out, "Living is so hard!" When the dog miraculously returns, he makes the ultimate sacrifice of giving his beloved dog to a little boy who needs the dog's love. He discovers that he has become more compassionate from his experience of loving and losing.


The lesson for me is that while life goes on you don't forget lost love or get over it. You remember and learn to love more.


私の仕事の基本は、人が自分のヴァルネラビリティに向き合うことで、新たに変容する力を生み出すことです。


ヴァルネラビリティに向き合うとは、自分の間違いや欠点、失敗をすべてさらけ出す必要はなく、自分が遭遇しているものに対してオープンであり、そこから影響を受けようという意欲を持つことです。私にとってのヴァルネラビリティは、人生の中で学んでいることをシェアすることです。


例えば、映画「ハウ」を見ていて、愛するペットを失うことがどのようなことか思い出させられたように、私たちの記憶は不意に呼び覚まされることがあります。映画の中で、しばらく前に犬がいなくなった男性が、猫を亡くしたばかりの女性と一緒にいるシーンがあります。彼女は、いつこの悲しみの痛みが収まるのか知りたがります。しかし彼は、「悲しみは消えてしまうものではなく、時にはどこかにしまうことを学ぶだけだ」と言います。それを聞いた女性は「生きるって大変なんだ」と泣き出してしまいます。


しかし、奇跡的に戻ってきた犬を、その犬の愛を必要とする少年に譲るという究極の犠牲を払います。彼は愛すること、失うことの経験から、自分がもっと思いやりを持てるようになることを発見するのです。


私が得た教訓は、人生は続いていくが、失った愛を忘れることも乗り越えることもできないということです。失った愛を思い出すことで、もっと愛せるようになるのです。

41 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page